Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background

 ミキシング技術は、化学工業、重合工業、食品工業、バイオエ業においては勿論、精密化学工業、セラミック工業、インク工業、触媒工業等の非常に広い分野においてプロセスの生産性、経済性、さらには高機能性新素材製造の可否に関わる重要な技術となっています。また、最近のミキシング技術においては、単に撹拌混合のみを対象にするのではなく、撹拌槽や反応槽内で生起する物質移動、熱移動、反応現象の詳細を総合的に捉え、それらの現象を迅速かつ緻密にコントロールし、目的とする製品を生み出すための最適なミキシング状態を実現するという、より高度なレベルでの問題解決が求められてきています。対象となる流体も、擬塑性流体、ビンガム流体、粘弾性流体などの非ニュートン的レオロジー特性を有する流体や沈降性固体粒子懸濁液、気液あるいは液液分散液など不均一異相系流体であり、新しいミキシング技術の開発、化学工学的な体系化が望まれています。
 当研究室では、この様な社会のニーズに応えるべく、研究内容ページに示すテーマについて研究を進めています。
 当研究室への配属を希望する化学応用EP3年生や大学院進学を希望する他大学学生さんは、下記まで気軽に連絡をください。オンライン面談等も対応致します。   三角隆太 misumi-ryuta-zm@ynu.ac.jp

News 

三角准教授が、8th QU–YNU Joint Workshop on Fundamental and Applied Electrochemistry(@YNU)にて「Effects of Bubbles on Overvoltage in an Alkaline Water Electrolyzer having Different Electrode Geometry」と題して講演しました。
M2の池田椿さん、北島大輔くん、水野大河くん、山本拓実くんが理工学府修士課程を修了し、4年生の石野俊之介くん、新木彩人くん、吉村玲人くんが理工学部を卒業しました。おめでとうございます!
M2の北島大輔くんが修士論文発表会においてグッドプレゼンテーション賞を、4年生の石野俊之介くんさんが卒業研究発表会において横浜三工会学生ベストプレゼンテーション賞を、4年生の新木彩人くんがグッドプレゼンテーション賞をそれぞれ受賞しました。おめでとうございます!
原著論文「Method for predicting the size of Ni1/3Mn1/3Co1/3(OH)2 particles precipitated in a stirred-tank semi-batch crystallizer using CFD and particle agglomeration models」が、Heliyon誌に掲載されました。 [論文誌のサイトへのリンク]
D2土岡和彦さんと、D2ジェイン メハクさんが,化学工学会第89年会(大阪)にて研究発表を行いました。
   化学工学会89年会WEBサイトへのリンク
三角准教授が、日本機能水学会第89回ウォーター研究会セミナー(オンライン開催)にて「アルカリ水電解槽における気泡生成の瞬間の高速度顕微観察と物質移動の等価回路モデル解析」と題して講演を行いました。
   学会WEBサイトへのリンク。
B4吉村玲人くんが、日本海水学会若手会第15回学生研究発表会(北海道伊達市)にて研究成果を発表しました。
B4石野俊之介くんが化学工学会 第26回学生発表会において研究成果を発表し、優秀賞を受賞しました。おめでとうございます!
   学会Webサイトへのリンク。
B4石野俊之介くん、新木彩冬くんが、化学工学会第26回学生発表会(オンライン開催)にて研究成果を発表しました。
原著論文「Enhancement of oxygen evolution reaction in alkaline water electrolysis by Lorentz forces generated by an external magnetic field」が、Int J Hydrogen Energy誌に掲載されました。 [論文誌のサイトへのリンク]
理工学部 化学・生命系学科 化学応用EPの卒業研究発表会が開催され、石野俊之介くん、新木彩冬くん、吉村玲人くんの3名が発表しました。
大学院理工学府 化学・生命系理工学専攻 化学応用・バイオ教育分野の修士論文発表会が開催され、池田椿さん、北島大輔くん、水野大河くん、山本拓実くんの4名が発表しました。
三角准教授が、7th QU–YNU Joint Workshop on Fundamental and Applied Electrochemistry(@Queen's univ., Kingston, Canada)にて「Effects of generated bubbles on OER and HER performance in alkaline water electrolysis」と題して講演しました。
三角准教授が分担執筆者(4.5節スケールアップ手法担当)に加わった専門書「新・撹拌技術」(佐竹マルチミクス(株))が発売されました。
   佐竹マルチミクスのWebサイトへのリンク。
M2北島大輔くん、M1西尾友希さんが、電気化学会 第47回電解技術討論会(大阪)にて研究成果を発表しました。
   電解技術討論会 WEBサイトへのリンク
研究室の秋のレクリエーション行事として、みなとみらいオリエンテーリングを楽しみました。
3年生の秋田修平くん、鳥羽智帆さん、吉永珠緒さんの3名が新たに研究室のメンバーに加わりました。
M1安齋航貴くんが化学工学会 第54回秋季大会において研究成果を発表し、同学会粒子・流体プロセス部会シンポジウム賞(プレゼンテーション賞)を受賞しました。おめでとうございます!
   部会Webサイトへのリンク。
M2北島くんが、244th ECS Meeting(Gothenburg, Sweden)にて研究成果を発表しました。
   244th ECS Meeting WEBサイトへのリンク
チェコ オストラヴァ工科大学のMarek Vecer教授をお招きして講演会を開催しました。
Archive
(過去のnews)